ArrowIconPREV
ArrowIconNEXT
デザイン・ブランド・プロダクト・リニューアル

スタンダードプラットフォームを目指して。新アプリアイコンを徹底解剖

Written and Artwork by:

Akitsugu Otani,

Yusuke Mochizuki,

Mao Sugaya

on Mar 30, 2022

2021年6月21日、Wantedlyのブランドを司るBI(ブランドアイデンティティ)と、コーポレートロゴのリニューアルを行いました。そして、それらの変更に伴い、Wantedlyの提供するプロダクト「Wantedly Visit」と「Wantedly People」のアプリアイコンのリニューアルプロジェクトを進めてきました。この記事では、コーポレートブランドと一貫性を保ちながら、新しいアプリアイコンをどのように考えデザインし、作り進めてきたのか。デザイナー視点で解説したいと思います。

アプリアイコンを刷新した背景

昨年 BIとコーポレートロゴのリニューアルしたことを受けて、「Wantedly Visit」と「Wantedly People」のアプリアイコンをはじめとしたプロダクト関連のリニューアルを、徐々に進めていました。事業会社において、プロダクトは企業の意思・思想を体現したものであり、コーポレートブランドとの一貫性を持たせることが重要だと考えています。

アプリアイコンを新たにデザインするにあたって、以下3点を重要視して制作を進めていました。

・既存のビジュアル・考え方両面の連続性

・スダンダードプラットフォーム感

・イメージの定着

Concept

新しいアプリアイコンについて説明するのに、昨年リニューアルしたコーポレートロゴのコンセプト説明は欠かせません。コーポレートロゴ・BI・アプリアイコンのコンセプトやメッセージには、一貫している部分があるからです。

コーポレートロゴには、“テクノロジーやサービスのみにとどまらない「文化圏を創造する企業」としてのスタンス”を込めて、デザインしています。2本のバックスラッシュには、私たち Wantedly のプラットフォームと、それらを利用いただく方々が「社会に切り込む」インパクトを表現し、円形のシンボルはそれらから力を得てさらに未来へと進む「人々」を表しています。

また、テクノロジー領域に囚われた表現にならないよう、システマチックで幾何学的な形態から距離をとり、スラッシュ部分には丸みやセリフ体のニュアンスを取り入れることで文化性を表しました。

Brand Mark & Color

「Wantedly Visit」と「Wantedly People」の新しいアプリアイコンは、“Visit”や“People”に関わることで、「人の価値を押し上げ・人に良い影響を与える」というコンセプトへと発展させ、プロダクトを表す「V(isit)」と「P(eople)」を図形として落とし込み、「V」と「P」が円形のシンボル(人)が重なり合う配置にすることで、プロダクトに触れた人々の価値を向上させている状態を表しています。

また、以前のアプリアイコンのカラーは、「Wantedly Visit」が緑から青のグラデーションに、「Wantedly People」は青から紫のグラデーションになっており、グラデーションの色が繋がっていることによって、一貫したプロダクトであることを表していました。

今回のリニューアルでは、それらを単色に落とし込み、白背景と円形のシンボル(人)を統一して使用することでプロダクトの一貫性を表しています。

リニューアル前のプロダクトロゴからのイメージからかけ離れすぎないようにするため、円形のシンボルは継続して使用しています。



カラーの選定は、Wantedlyのカラーパレットで定義している色から選定し、実際にスマホの画面にアイコンを並べて、何度も見比べました。

ミニマルで明快なデザインとカラーリング、重なりあう箇所がビビッドカラーになっており、コントラストが強くて目にとまりやすく、多色を使った他アプリとの差別化にもなっています。
また、白背景であることから、現在のアプリUIとの連続性も感じられます。これからの10年、 新しい地平を切り開きつつも、世の中によく馴染む、あらゆる人が使っていただけるベーシックでスタンダードプラットフォーム感のあるアプリケーションへと育てていきたいという思いから、ホーム画面に置いた時に、よく馴染み、長く愛着が持てそうな白背景のアイコンを選択しました。

私たちはプロダクトデザインを通しても、企業の意思・思想を体現していきたいと考えています。次の10年に向けてブランドを育てるための土台は出来てきたものの、作っていかなければならないものはまだまだ沢山あります。Wantedlyの新しい世界を共に描きたいと思ってくださった方は、ぜひ一度話を聞きに来てください。あなたのご応募をお待ちしています。

Visit us to find out more

Want to visit
avatar
大谷 昌継
コーポレートチームマネージャー
ウォンテッドリー株式会社コーポレートチーム マネージャー 採用から労務、制度作成まで何でもやります。 前職オイシックス株式会社では人材企画室長 制度・労務を担当。...
avatar
望月 勇輔
Creative Director
Creative Director / Art Director。広告制作会社、外資系広告代理店クリエイティブ等を経て、2020年よりWantedlyのコミュニケー...
avatar
菅谷 真央
Communication Design Team | Art Director
武蔵野美術大学基礎デザイン学科を卒業後、複数の企業とデザインプロジェクトの立ち上げを行う。2017年よりWantedlyにジョインし、ビジュアルコミュニケーション領...
Tags
  • デザイン
  • ブランド
  • プロダクト
  • リニューアル